コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方天気分布予報 ちほうてんきぶんぷよほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方天気分布予報
ちほうてんきぶんぷよほう

1996年3月1日から開始された新方式の天気予報ことばで表現した従来の天気予報に比べ,空間的,時間的な量としての天気予報をよりきめ細かく,かつ分布図のかたちでわかりやすく表現したもの。全国を 20kmの格子で約 1500地域に分割し,天気,気温,降水量降雪量を 3時間ごと 24~30時間先まで予報するほか,最高・最低気温分布を予報する制度。また,細分化した府県予報区のおもな地点について,天気,気温,風向風速などの 3時間ごとの推移を 24~30時間先まで予報する地域時系列予報も同時に行なわれるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

地方天気分布予報の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー運転注意力モニタ MDAS飯島耕一トゥルニエ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android