地獄の黙示録

デジタル大辞泉プラスの解説

地獄の黙示録

1979年製作のアメリカ映画。原題《Apocalypse Now》。フランシス・フォードコッポラ監督による戦争映画。監督:フランシス・フォード・コッポラ、出演:マーロン・ブランド、ロバート・デュバル、マーティン・シーン、デニス・ホッパーほか。第52回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同撮影賞、音響賞受賞。第32回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地獄の黙示録
じごくのもくしろく
Apocalypse Now

アメリカ映画。1979年作品。フランシス・フォード・コッポラ監督。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を下敷きに、ベトナム戦争を背景として、軍に背いたカーツ大佐(マーロン・ブランド)を追ってベトナムのジャングルを奥へと進むウィラード大尉(マーチン・シーンMartin Sheen、1940― )らの探索の「旅」を描いた大作。ワーグナー作曲の「ワルキューレの騎行」を鳴らしながらベトコン(南ベトナム解放民族戦線)の潜む村を奇襲する米軍ヘリ部隊、狂乱の場と転じるバニー・ガールによる慰問ショー、ジャングルの最奥地に築かれたカーツ大佐の異様な「王国」など、未開の風土と限界状況のなかでさまざまな地獄絵図が展開する。莫大な製作費を費消した長期にわたる苦難の撮影も話題となった。カンヌ国際映画祭パルム・ドール、アカデミー撮影賞、音響賞を受賞。2001年には、当初カットされた数シーンを追加し、初公開時よりも49分長い『地獄の黙示録 特別完全版』が公開された。[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地獄の黙示録の関連情報