コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口典助 さかぐち てんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口典助 さかぐち-てんすけ

1781-1853 江戸時代後期の武士。
天明元年生まれ。肥後熊本藩士。和漢の学をおさめて尊王思想をいだく。南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇子で征西将軍であった懐良(かねよし)親王の墳墓をさがし,宮地村(八代市)に有志とともに墓碑をたてた。嘉永(かえい)6年1月28日死去。73歳。名は公弼(きみすけ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂口典助の関連キーワード田代正足

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android