コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂西利八郎 ばんざい りはちろう

2件 の用語解説(坂西利八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂西利八郎 ばんざい-りはちろう

1871*-1950 明治-大正時代の軍人。
明治3年12月16日生まれ。35年参謀本部員として清(しん)(中国)にわたり,37年袁世凱(えん-せいがい)の,大正12年黎元洪(れい-げんこう)の顧問となる。青木宣純(のりずみ)の跡をつぎ対清情報・謀略活動を担当した。陸軍中将。貴族院議員。昭和25年5月31日死去。79歳。紀伊(きい)和歌山出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂西利八郎

没年:昭和25.5.31(1950)
生年:明治3.12.16(1871.2.5)
明治大正期の陸軍軍人。紀州(和歌山)藩士坂西良一の長男。明治24(1891)年陸軍士官学校,33年陸軍大学校卒業。35年清国に派遣される。37年日露開戦とともに青木宣純のあとを継いで袁世凱顧問となり,41年までの6年あまり北京に駐在した。44年辛亥革命に伴いふたたび中国に赴き,大正12(1923)年黎元洪大総統顧問,13年中国政府顧問となり昭和2(1927)年まで約17年間北京に滞在。「支那通」の代表的存在となる。中国語に堪能で,北京に通称「坂西公館」を構え,日本の中国政策の裏面で活躍。2年中将で予備役に編入,21年まで貴族院議員を務めた。<著作>『隣邦を語る』

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂西利八郎の関連キーワード岡市之助川口武定河村正彦児島惣次郎坂田虎之助鮫島重雄津野田是重仁田原重行畑英太郎桃井直幹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone