コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂西利八郎 ばんざい りはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂西利八郎 ばんざい-りはちろう

1871*-1950 明治-大正時代の軍人。
明治3年12月16日生まれ。35年参謀本部員として清(しん)(中国)にわたり,37年袁世凱(えん-せいがい)の,大正12年黎元洪(れい-げんこう)の顧問となる。青木宣純(のりずみ)の跡をつぎ対清情報・謀略活動を担当した。陸軍中将。貴族院議員。昭和25年5月31日死去。79歳。紀伊(きい)和歌山出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂西利八郎

没年:昭和25.5.31(1950)
生年:明治3.12.16(1871.2.5)
明治大正期の陸軍軍人。紀州(和歌山)藩士坂西良一の長男。明治24(1891)年陸軍士官学校,33年陸軍大学校卒業。35年清国に派遣される。37年日露開戦とともに青木宣純のあとを継いで袁世凱顧問となり,41年までの6年あまり北京に駐在した。44年辛亥革命に伴いふたたび中国に赴き,大正12(1923)年黎元洪大総統顧問,13年中国政府顧問となり昭和2(1927)年まで約17年間北京に滞在。「支那通」の代表的存在となる。中国語に堪能で,北京に通称「坂西公館」を構え,日本の中国政策の裏面で活躍。2年中将で予備役に編入,21年まで貴族院議員を務めた。<著作>『隣邦を語る』

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

坂西利八郎の関連キーワード日華共同防敵軍事協定西原借款

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android