コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊や ボウヤ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐や〔バウ‐〕【坊や】

《「」は接尾語
幼い男の子を親しんでいう語。江戸時代は男女両方に用いた。
世なれていない若い男を親しんで、または軽んじていう語。「いつまでたっても坊やで困る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうや【坊や】

〔「や」は本来は呼びかけの間投助詞〕
幼い男の子を親しんで呼びかける言葉。古くは女児にも用いた。 「 -いい子だね」
世間知らずな若い男を軽いあざけりの意を込めていう語。ぼっちゃん。ぼんぼん。 「彼は-で困る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

坊やの関連キーワードルノアール(Jean Renoir)ホウ・シャオシェン(侯孝賢)アンゲル カラリーチェフ捨て子・捨子・棄て子ホウ・シャオシェン子どものホスピスふしぎなメルモカラリーチェフナショナル坊やバウティスタ山田かつろう位野木 峯夫飛び出し坊やフェードー甲田[町]安西なをみ山王曼荼羅山根 赤鬼今仲ひろし田中 政明

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坊やの関連情報