コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊守 ボウモリ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐もり〔バウ‐〕【坊守】

寺院の番人。
小寺の身分の低い僧。
浄土真宗の僧の妻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうもり【坊守】

寺坊の番人を指すが,とくに真宗では,住職の妻をいう。《親鸞聖人御因縁秘伝鈔》には,法然が親鸞の妻をみて〈子細ナキ坊守ナリ〉といったとあるが,坊守の語の所出史料としては早いものに属する。しかし,この史料の成立から推して,親鸞の時代に坊守の語があったとは断言できない。和歌山県御坊市西円寺旧蔵の,興国4年(1343)正月13日付の《一向専修念仏名帳》には,〈釈了心房道場坊主 円心房坊守〉とあり,すでに道場主の妻を坊守と呼んでいたことが確認できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

坊守の関連キーワード福家 守明二葉 憲香井上 雪了明尼玉日寺院身分

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坊守の関連情報