坊守(読み)ボウモリ

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうもり【坊守】

寺坊の番人を指すが,とくに真宗では,住職の妻をいう。《親鸞聖人御因縁秘伝鈔》には,法然が親鸞の妻をみて〈子細ナキ坊守ナリ〉といったとあるが,坊守の語の所出史料としては早いものに属する。しかし,この史料の成立から推して,親鸞の時代に坊守の語があったとは断言できない。和歌山県御坊市西円寺旧蔵の,興国4年(1343)正月13日付の《一向専修念仏名帳》には,〈釈了心房道場坊主 円心房坊守〉とあり,すでに道場主の妻を坊守と呼んでいたことが確認できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐もり バウ‥【坊守】

〘名〙
寺院の坊を守る人。寺院の番人。
② 小さい寺の身分の低い僧。
③ 真宗の僧の妻をいう。
※浄瑠璃・親鸞記(1624‐44)二「其ままぎょくにょの御ひめを、ぼうもりにそなゑ給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坊守の関連情報