垣内熊岳(読み)かきうち ゆうがく

美術人名辞典の解説

垣内熊岳

江戸中期の儒者。紀州生。名は文徹、字は鼎輔、熊岳は号。伊藤東涯に学ぶ。著書に『学庸考』『尚書考』等がある。宝暦中頃歿、41才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

垣内熊岳 かきうち-ゆうがく

1713-1753 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)3年生まれ。伊藤東涯の門人。和歌山藩儒となった。宝暦3年死去。41歳。紀伊(きい)湯浅(和歌山県)出身。名は文徽。字(あざな)は鼎輔。著作に「学庸考」「尚書考」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android