コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城夏子 じょう なつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城夏子 じょう-なつこ

1902-1995 昭和時代の小説家。
明治35年5月5日生まれ。和歌山県立高女在学中から少女小説をかき,大正13年「薔薇の小径」を刊行。ついで「女人芸術」「婦人戦線」に小説を発表。戦後はおもに少女小説や童話をかく。叙情的な作風で知られた。平成7年1月13日死去。92歳。和歌山県出身。本名は福島静。少女小説に「母星小星」,短編集に「毬をつく女」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

城夏子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android