コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城親賢 じょう ちかまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城親賢 じょう-ちかまさ

?-1582* 戦国-織豊時代の武将。
城親冬の子。肥後(熊本県)隈本(くまもと)城主。天正(てんしょう)6年ごろ島津氏の支援で大友氏の支配を脱したが,9年竜造寺氏に攻められてこれにしたがう。熊本の植木市は親賢の指示にはじまるという。天正9年12月29日死去。通称は十郎太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

城親賢

没年:天正9.12.29(1582.1.23)
生年:生年不詳
戦国時代末の肥後(熊本県)の国人領主。親冬の子。通称十郎太郎。越前守。山鹿郡城村を苗字の地とする菊池一族で,守護大名菊池氏の三老臣家の直系。父親冬は天文19(1550)年の菊池義武失地回復戦で大友方に味方し,恩賞として本領に代え飽田,詫麻2郡の支配を認められて隈本城主となった。親賢の名は弘治2(1556)年菊池重朝の「菊池万句」の発句書写が初見,官途も称しており,すでに家督を継いでいたらしい。天正6(1578)年までは大友氏に従ったがその後は島津氏と結び,同8年には島津勢を領内に招き入れ国内計策を行うも,同9年肥前竜造寺氏の侵入に屈し,年末死去。熊本市の植木市を指示したといわれ,同城下町の原型は彼の時代に形成されたとみられる。<参考文献>『上井覚兼日記

(阿蘇品保夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

城親賢の関連キーワード安土桃山時代(年表)明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻武田信勝武田信廉土岐頼芸明智光秀