コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

域外小説集 いきがいしょうせつしゅう Yu-waixiao-shuo-ji

2件 の用語解説(域外小説集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

域外小説集
いきがいしょうせつしゅう
Yu-waixiao-shuo-ji

中国の作家魯迅周作人兄弟による中国語訳の欧米短編小説集。2部。宣統1 (1909) 年刊。ガルシンアンドレーエフシェンケーウィチワイルド,ポー,モーパッサンなど7ヵ国 10作家 16編が訳されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

域外小説集
いきがいしょうせつしゅう

1909年魯迅(ろじん/ルーシュン)・周作人(しゅうさくじん/チョウツオレン)兄弟が東京で出版した翻訳集。全2冊。魯迅はガルシンの『四日間』、アンドレーエフの『嘘(うそ)』『沈黙』を、周作人はポーの『静寂』、チェーホフの『地主屋敷で』、シェンキェビッチの『燈台守(とうだいもり)』など13編を訳している。おもにロシア、東欧の少数民族文学から象徴主義的作品を多く選んでおり、訳の厳密さ、解説の適切さなどにおいても、清(しん)末翻訳文学史上最高峰の一つと数えられる。『日本及日本人』(1909年5月1日号)「文芸雑事」欄でもさっそく紹介されているが、中国人読者には受けず、合計わずか40部余りしか売れなかったという。[藤井省三]
『阿英著、飯塚朗・中野美代子訳『晩清小説史』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

域外小説集の関連キーワード周作人蕭紅華語拼音三人兄弟三人息子テレビ テレビで中国語紹興の魯迅故居魯迅と周作人松枝茂夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone