コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

執奏 シッソウ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐そう【執奏】

[名](スル)取り次いで奏上すること。また、その人。伝奏。
「阿部の一族を残らず討ち取ったことを―してもらった」〈鴎外阿部一族

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しっそう【執奏】

( 名 ) スル
侍従などが取り次いで奏上すること。また、その人。伝奏。 「残らず討ち取つたことを-して貰つた/阿部一族 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

執奏の関連キーワード僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷執り申す・取り申す諸社禰宜神主法度新後拾遺和歌集新続古今和歌集新千載和歌集新拾遺和歌集西園寺公宗土御門有脩勅撰和歌集佐竹隆義半井明親近衛道嗣大仏宗宣二条良基北条貞時二条師嗣二条持通鳥居元忠鳥居忠政

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android