コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書き物 カキモノ

デジタル大辞泉の解説

かき‐もの【書き物】

書いたもの。文書。
文字や文章を書くこと。「書き物で一日中忙しい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かきもの【書き物】

演劇用語。(1)新作狂言の通称。新しく書き下ろした物の意。古典作品に重を置くようになった近代歌舞伎で,新作の上演は少なく,期待をこめて特別に扱われたことから,とくにこの称が生まれた。(2)舞台上で使う,手紙,証文,起請(きしよう),血判状などのこと。狂言作者の担当で,前もって書いておく。【落合 清彦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

書き物の関連キーワードライティングビューローライティングデスクポール宮本寸松庵色紙とよこ.D数学教育奥義書文房具方書き簡牘簡札書録書斎悪札片簡書札文書書机断簡文机

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書き物の関連情報