書き物(読み)カキモノ

デジタル大辞泉「書き物」の解説

かき‐もの【書き物】

書いたもの。文書
文字や文章を書くこと。「書き物で一日中忙しい」
[類語](1文書書類公文書私文書書面怪文書古文書こもんじょドキュメント/(2執筆文筆文章ぶん一文いちぶん散文文言もんごん編章詞章詞藻文辞ぶんじ文藻文体文面章句

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「書き物」の解説

かきもの【書き物】

演劇用語。(1)新作狂言の通称。新しく書き下ろした物の意。古典作品に重点を置くようになった近代歌舞伎で,新作の上演は少なく,期待をこめて特別に扱われたことから,とくにこの称が生まれた。(2)舞台上で使う,手紙,証文,起請(きしよう),血判状などのこと。狂言作者の担当で,前もって書いておく。【落合 清彦

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android