基本財産(読み)きほんざいさん

精選版 日本国語大辞典「基本財産」の解説

きほん‐ざいさん【基本財産】

〘名〙
地方公共団体収益を目的として維持する財産。現在は積立金穀と合わせて基金と呼ばれる。
市制及町村制(明治二一年)(1888)市制・八一条「市は其不動産、積立金穀等を以て基本財産と為し之を維持するの義務あり」
財団法人の運営の基本となる財産。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「基本財産」の解説

きほん‐ざいさん【基本財産】

基金ききん3
固定資産うち、事業活動の経過とともに価値減少がみられないもの。土地など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android