コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内素堂 ほりのうち そどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀内素堂 ほりのうち-そどう

1801-1854 江戸時代後期の蘭方医。
享和元年生まれ。江戸で古賀穀堂(こくどう),杉田立卿(りゅうけい),青地林宗にまなび,帰郷して出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩主の侍医となる。日本ではじめて西洋小児科医書を翻訳,「幼幼精義」として刊行した。坪井信道(しんどう),高野長英らと親交があり,脱獄した長英を米沢の自宅にかくまった。嘉永(かえい)7年3月18日死去。54歳。名は忠寛。字(あざな)は忠竜,忠亮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀内素堂

没年:安政1.3.18(1854.4.15)
生年:享和1(1801)
幕末の蘭方医。出羽国米沢(山形県)生まれ。堀内忠明の次男。幼名は忠公,字は君栗または忠竜,のち忠亮と改めた。素堂は号。文政3(1820)年3月江戸に出て古賀穀堂に漢学を,杉田立卿,青地林宗に蘭医学を学んだ。同5年米沢藩主上杉斉定の侍医を拝命した。藩の医学校好生館の枢務に携わり,漢方に代えて蘭方を教授するよう改革した。天保14(1843)年わが国最初の西洋小児科翻訳書『幼幼精義』(7巻)を刊行。初篇3巻は小児病の総論,第2篇4巻は疾病の症候や治則にあてられている。特に天然痘にくわしく,牛痘接種の利害,痘苗の良否に言及している。<著作>『保嬰瑣言』『幼幼一言』<参考文献>堀内亮一『堀内素堂』,北条元一『米沢藩医史私撰』

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀内素堂の関連キーワード享和安政辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone