コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀口捨巳 ほりぐちすてみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀口捨巳
ほりぐちすてみ

[生]1895.1.6. 岐阜
[没]1984.8.18.
建築家,工学博士。東京大学卒業 (1920) に際し,石本喜久治らと分離派建築会を組織し,過去の様式から離脱して近代建築を樹立すべきことを宣言。 1922年の東京平和記念博覧会に,その主張を生かした作品を発表した。一方,中世住宅および茶室を研究し,建築史学に新しい境地を開き,画期的な業績を残すとともに多くの近代的数寄屋建築を造った。東京芸術大学教授,明治大学教授,神奈川大学教授を歴任。 57年芸術院賞受賞。著書『利休の茶』 (49) ,『桂離宮』 (52) ,『堀口捨巳著作集』 (全7巻,65~80) ,主要作品には大島測候所 (38) ,若狭邸 (39) ,明治大学生田校舎 (64) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

堀口捨巳の関連キーワード土浦 亀城小池 新二

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android