堂鼓(読み)ドウコ

世界大百科事典 第2版の解説

どうこ【堂鼓 táng gǔ】

中国の膜鳴楽器一種。遅くとも明・清時代に楽器として用いられるようになったと思われる。役所の中堂で人々の集散の合図に用いられたことから〈堂〉の字がつけられたものと考えられる。木製の胴の両面に牛革を張り,木架上に設置して,2本の木槌で上から打奏する。大小の別があり,形が大きく音高が低いものを大堂鼓南堂鼓大鼓とも称し,形が小さく音高が高いものを京堂鼓戦鼓小鼓とも言う。大鼓は,鼓面の面積が大きく,音量や音色の変化も豊富で,主に十番鼓(10種の楽器を使っての合奏),吹打等の鑼鼓(らこ)()を中心とする各地の民間器楽合奏で用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうこ【堂鼓】

中国で、主に武劇に用いる太鼓の一種。四本足の台上にのせて棒で打ち鳴らす。唐鼓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android