コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹打 すいだ chuī dǎ

1件 の用語解説(吹打の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいだ【吹打 chuī dǎ】

中国の民間器楽合奏様式の一種。チャルメラ,横笛,管子(かんし),笙などの吹奏楽器と,数種の(ら),太鼓,鈸(はつ)(シンバル),(はん)(カスタネット)などの打楽器が中心で,弦楽器もときに加わるが補助的である。各地の劇楽や民間小曲を指や舌を駆使して自由自在に吹奏される旋律に,大小多種の打楽器の豊富な音色とリズムが融合する。編成は10人から100余人。打楽器の奏者が多くその活躍が目だつので,鑼鼓,鼓楽などの呼称もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吹打の関連キーワードバーチャルメモリーカルメラショーロチャルメラ拍板木蘭チャルダーシュチャルメル草浄められた夜シャルパンティエ:プレリュード (「テ・デウム」より)/other chamber musics

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吹打の関連情報