コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹打 すいだchuī dǎ

世界大百科事典 第2版の解説

すいだ【吹打 chuī dǎ】

中国の民間器楽合奏様式の一種。チャルメラ,横笛,管子(かんし),笙などの吹奏楽器と,数種の(ら),太鼓,鈸(はつ)(シンバル),(はん)(カスタネット)などの打楽器が中心で,弦楽器もときに加わるが補助的である。各地の劇楽や民間小曲を指や舌を駆使して自由自在に吹奏される旋律に,大小多種の打楽器の豊富な音色とリズムが融合する。編成は10人から100余人。打楽器の奏者が多くその活躍が目だつので,鑼鼓,鼓楽などの呼称もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吹打の関連キーワードマーチ正楽堂鼓雲鑼

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android