コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

luo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



luo

中国の体鳴楽器。属製で皿状の本体を打棒で打鳴らすもののうち,鋳造後,鍛造を加えたものの総称。これに対し鋳造のみのものを (しょう) という。楽器の大きさは大小さまざまであるが,いずれも縁に孔をあけて紐を通し,これを左手でつるし持って右手の打棒で打鳴らす。南北朝時代から用いられていたことは明らかであるが,宋代以後,劇音楽に取入れられて盛行し,特に京劇における大小の鑼の果す役割は大きい。鑼を組合せたものに雲鑼 (うんら) がある。日本にも伝えられ,仏教儀式に用いられる (にょう) のほか,さまざまの合図に活用される銅鑼 (どら) としても用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ら【鑼】

中国,朝鮮の体鳴楽器。厚手に作られたものを鉦といい,盤が薄くて響きの長いものを鑼という。中国では金,金鑼ともよぶ。その形態,大小,音色,音高,奏法の違いにより,大鑼小鑼,掌鑼に大別される。 大鑼は,面積が大きく,打った後に音高が下がる効果が得られるのが特徴で,民間器楽合奏や戯曲音楽民俗舞踊の伴奏に用いられ,次の各種がある。(1)八音大鑼 十番鑼鼓に用いる。(2)京鑼 京劇伴奏用の大鑼。(3)乳鑼(包鑼ともいう) 鑼面の中央にこぶ状の隆起がある大鑼。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【銅鑼】より

…皿形の薄手の金属盤を桴(ばち)で打奏するもので,厚手の鉦と区別される。中国ではといい,直径20~40cmくらいまで大小あり,縁につけた2孔に紐を通して片手につるし,片手に持った木柄で打つ。古くは西域楽や軍楽に用いられたが,のちに戯劇の合奏に用いられるようになった。…

※「鑼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鑼の関連キーワード魚住 為楽(1代目)シャオルオ(小鑼)ゴング(打楽器)魚住為楽(3代)銅鑼焼き・銅鑼焼ダールオ(大鑼)魚住為楽(初代)どらを打つ銅鑼焼きじゃあんペーロン草野心平タムタム遠寄せゴング銅鑼焼刁斗農楽寺鐘社殿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android