コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ら luo

2件 の用語解説(鑼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



luo

中国の体鳴楽器。金属製で皿状の本体を打棒で打鳴らすもののうち,鋳造後,鍛造を加えたものの総称。これに対し鋳造のみのものを (しょう) という。楽器の大きさは大小さまざまであるが,いずれも縁に孔をあけて紐を通し,これを左手でつるし持って右手の打棒で打鳴らす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ら【鑼】

中国,朝鮮の体鳴楽器。厚手に作られたものを鉦といい,盤が薄くて響きの長いものを鑼という。中国では金,金鑼ともよぶ。その形態,大小,音色,音高,奏法の違いにより,大鑼,小鑼,掌鑼に大別される。 大鑼は,面積が大きく,打った後に音高が下がる効果が得られるのが特徴で,民間器楽合奏や戯曲音楽民俗舞踊の伴奏に用いられ,次の各種がある。(1)八音大鑼 十番鑼鼓に用いる。(2)京鑼 京劇伴奏用の大鑼。(3)乳鑼(包鑼ともいう) 鑼面の中央にこぶ状の隆起がある大鑼。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のの言及

【銅鑼】より

…皿形の薄手の金属盤を桴(ばち)で打奏するもので,厚手の鉦と区別される。中国ではといい,直径20~40cmくらいまで大小あり,縁につけた2孔に紐を通して片手につるし,片手に持った木柄で打つ。古くは西域楽や軍楽に用いられたが,のちに戯劇の合奏に用いられるようになった。…

※「鑼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鑼の関連キーワード気鳴楽器弦鳴楽器ゴング体鳴楽器銅鑼方響膜鳴楽器伊達拵えスリット・ドラム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鑼の関連情報