塩化メチレン(読み)えんかメチレン(英語表記)methylene chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化メチレン
えんかメチレン
methylene chloride

ジクロロメタンともいう。化学式 CH2Cl2 。無色の液体,沸点 39.95℃。有機物をよく溶かし,水よりも比重が大きく (1.37) ,水に難溶のため抽出溶媒として,特に油脂類の抽出に用いられる。またアセチルセルロースの溶媒として多量に使用されている。溶解力が大きく,洗浄剤としても使用されるが,毒性があり,注意が必要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんかメチレン【塩化メチレン methylene chloride】

ジクロロメタンともいう。化学式CH2Cl2。融点-96.8℃,沸点40.21℃。メタンを光または熱により塩素化したのち精留して得られる。特有の香気をもつ無色,不燃性の液体で,水とはほとんど混ざらないが,有機溶剤とはよく混和する。抽出剤,反応溶媒などの溶剤として,また冷媒,発泡剤として用いられる。【中井 武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android