コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵肺法 じんぱいほう

1件 の用語解説(塵肺法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

塵肺法【じんぱいほう】

塵肺(本法では1977年改正以降肺結核との合併症を含む)にかかるおそれのある作業に従事する労働者に予防と健康管理等の措置を講ずるための法律(1960年)。塵肺健康診断を義務づけ,異常を認める者に対し作業転換または療養を要することを定める。
→関連項目労働基準法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

塵肺法の関連キーワード磁鉄鉱系列永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪恐怖映画社会科教育人力飛行機死の棘

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone