塵肺法(読み)じんぱいほう

百科事典マイペディア「塵肺法」の解説

塵肺法【じんぱいほう】

塵肺(本法では1977年改正以降肺結核との合併症を含む)にかかるおそれのある作業に従事する労働予防と健康管理等の措置を講ずるための法律(1960年)。塵肺健康診断を義務づけ,異常を認める者に対し作業転換または療養を要することを定める。なお,全国で数十件の塵肺訴訟が起こされ,おおむね企業側の責任を認める判決が出されている。
→関連項目労働基準法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android