コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境ノ明神峠 さかいノみょうじんとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境ノ明神峠
さかいノみょうじんとうげ

茨城,栃木の県境にある峠。標高 213m。八溝山地内の八溝山塊と鷲子 (とりのこ) 山塊との鞍部をなし,八溝山地を横切る最北の峠。東部は久慈川支流の押川の浸食谷,西部は那珂川の支流武蔵川の浸食谷で,ほぼ分水嶺にあたり,古来,保内郷地方と栃木県馬頭地方の交流の要地。峠の東部にある大子 (だいご) 町の商圏は境ノ明神峠を越えて栃木県馬頭,黒羽地方に及ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

境ノ明神峠
さかいのみょうじんとうげ

茨城県久慈(くじ)郡大子(だいご)町と栃木県那須(なす)郡那珂川(なかがわ)町の県境にある峠。主要地方道大子・馬頭線が八溝(やみぞ)山地を横切るところに位置する。標高約200メートルにすぎないが、かつては下野(しもつけ)国(栃木県)と常陸(ひたち)国(茨城県)を境する峠として重視されたようで、境明神(さかいみょうじん)を祀(まつ)っている。福島と栃木の県境の明神峠にも明神を祀る。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

境ノ明神峠の関連キーワード丸山城スキークロススノーボードクロスアサバスカ[湖]壱岐郷ノ浦[町]中山広場カホキア墳丘群州立史跡アサバスカ[湖]郷ノ浦[町]

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone