コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境川浪右衛門 サカイガワナミエモン

デジタル大辞泉の解説

さかいがわ‐なみえもん〔さかひがはなみヱモン〕【境川浪右衛門】

[1841~1887]幕末の力士。第14代横綱下総(しもうさ)の人。本名、宇田川政吉。のちに市川政吉、市川浪右衛門と改名。優勝5回。引退後、年寄境川。→第13代横綱鬼面山(きめんざん) →第15代横綱梅ヶ谷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

境川浪右衛門 さかいがわ-なみえもん

1841-1887 幕末-明治時代の力士。
天保(てんぽう)12年4月8日生まれ。小西川から四方山,増位山と改名し,明治3年師匠境川浪右衛門の名をつぎ,同年大関。9年14代横綱となる。14年引退,相撲長(理事長)をつとめた。明治20年9月16日死去。47歳。下総(しもうさ)葛飾郡高谷村(千葉県)出身。本名は宇田川政吉,のち市川と改姓

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

境川浪右衛門の関連キーワード吉田追風(19代)不知火光右衛門明治時代天保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android