コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増基 ゾウキ

デジタル大辞泉の解説

ぞうき【増基】

平安中期の歌人。天暦(947~957)のころの比叡山と伝えられる。号、庵主(いおぬし)。歌は「後拾遺集」「新古今集」などにみえる。家集「増基法師集(庵主)」。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうき【増基】

平安中期の僧・歌人。中古三十六歌仙の一人。号、庵主いおぬし。天暦(947~957)頃の比叡山の僧という。紀行文芸風の家集「増基法師集(庵主)」がある。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

増基の関連キーワード中古三十六歌仙いほぬし紀行文学私家集増仁

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増基の関連情報