増益法(読み)ぞうやくほう(英語表記)pauṣṭika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増益法
ぞうやくほう
pauṣṭika

密教の修法の一つ。おもに世俗的に幸福や長寿,財産などの増長を願うために修するもの。この法を修するときは行者は万物を生長せしめる春に相当する東方に向って,宝物を生じる地大の色である黄色の衣を着け,を黄色に塗り,檀,護摩,炉,護摩木などは地大の形である方形のものを用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android