コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増長 ゾウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐ちょう〔‐チヤウ〕【増長】

[名](スル)
《古くは「ぞうぢょう」とも》しだいに程度がはなはだしくなること。「依頼心が増長する」
しだいに高慢になること。つけあがること。「へたにほめると増長する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうちょう【増長】

( 名 ) スル
〔古くは「ぞうじょう」〕
次第に大きくなること。はなはだしくなること。現在はよくないことについて用いる。増大。 「怠惰を-させる」 「才能は煩悩の-せるなり/徒然 38
思い上がること。つけあがること。 「おだてればすぐ-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

増長の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥付け上がる・付け上る逆上せる・上気せるミュンヘン会談プログラム言語マルシュアス重症筋無力症出版取次業世事見聞録尻が暖まるタンタロス柳に受けるへらへら高田善蔵長崎高資二人大名鬼小太郎いんげん日本思想増長天

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増長の関連情報