売上債権(読み)うりあげさいけん(英語表記)trade receivable

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売上債権
うりあげさいけん
trade receivable

受取勘定ともいう。得意先との通常の営業取引に基づいて発生した債権をさし,売掛金受取手形とが含まれる。その増減および残高は企業の販売活動および回収状態を表わすから,経営分析上売上高と関連させて売上債権回転率として,その良否を判定する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うりあげ‐さいけん【売上債権】

〘名〙 顧客への製・商品の販売、または役務の提供によって生じる債権。代表的なものとして売掛金と受取手形がある。受取勘定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android