コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕雲開 せきうんびらき

1件 の用語解説(夕雲開の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきうんびらき【夕雲開】

大坂の陣後,摂河泉(摂津,河内,和泉)の幕府代官は,元和・寛永(1615‐44)のころ各地で川口干潟,川面荒芝地,開残荒地などの開発を積極的に推進した。その代表的な一例が夕雲開(現,大阪府堺市)である。寛永年間(1624‐44),幕府代官高西(こうざい)夕雲が堺の商人木地屋庄右衛門の協力を得て,和泉国大鳥郡の仁徳陵周辺から東にひろがる原野に新田を開発,当初は万代新田(もずしんでん)と名づけたが,開発者の名にちなんで夕雲開と呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone