コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国人叙勲 がいこくじんじょくん

1件 の用語解説(外国人叙勲の意味・用語解説を検索)

勲章・褒章がわかる事典の解説

がいこくじんじょくん【外国人叙勲】

叙勲の形態の一つ。1888年(明治21)の「外国人叙勲内則」で運用が定められた。それによれば、君主、大統領などの元首に対しては大勲位クラスの勲章を贈る、また大使や公使などに対しては駐日の年数などを考慮して勲等を決め退任時に贈る、民間人の場合は親日貢献度や国際的また本国での地位を考慮して勲等を決めるなどとなっている。この内則は現在も踏襲されており、外国人叙勲は、来日した皇族や国賓への儀礼叙勲と、公職・民間人の功労に対する功績叙勲の2つが柱となっている。いずれの場合も外務大臣の推薦にもとづいて行われるが、在外者はおおむね50歳以上、在日者はおおむね65歳以上が対象となる。後者の功績叙勲については、1981年(昭和56)の秋からは春秋叙勲と時期を合わせて実施するようになっているが、来日や離日の機会に個別に勲章を授与することもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国人叙勲の関連キーワード香川景信B to B賜杯局部電池殊勲の駆逐艦アンモニア窒素生物的有効性セレノメチオニン呼出太郎企画旅行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外国人叙勲の関連情報