コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国賓 こくひんstate guest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国賓
こくひん
state guest

国家が賓客として接待をする外国から来る客人。わずかな例外を除いて,国家元首が外国を公式訪問するときに,この扱いを受ける。到着から帰国まで,接受国元首が中心となって,国費をもって接待する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

国賓

政府が公式招待する外国客に対する接遇基準に基づき、閣議決定によって最も手厚い国賓は、元首に対して12人までの随員と共に3泊4日の国内滞在経費を政府が負担する。公賓は王族、首相クラスに対して8人までの随員の滞在経費をもつ。天皇は、国賓に対して御料車(天皇専用の自動車)を提供し、迎賓館での歓迎式典、皇居・宮殿での会見、歓迎晩さん会、迎賓館でのお別れ訪問を行う。公賓に対しては、宮殿での会見や引見、午さんなどを行う。また、賓客数の増大に対処するため、1989年に「公式実務訪問」としての接遇を設け、随員4人までの滞在経費を負担して、天皇が宮殿で会見したり、午さんを催したりする。平成になってから、天皇は、親しい王室元首の国賓に対しては、天皇専用列車で自ら地方に案内する例も出てきた。

(岩井克己 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐ひん【国賓】

外国の元首(国王・大統領)や首相など、公式の資格で来訪し、国家の賓客として国の費用で接待される外国人。→公賓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくひん【国賓】

国家が賓客として招待する外国人。日本の場合,政府あるいは皇室によって招待され,国の費用で接待する。国賓の対象とされるのは,普通,元首,国王,王族,閣僚,特使などであるが,国際間の往来が頻繁になった近年,閣僚,特使に対して国賓待遇を与えない事例も多くなってきた。また,これらの公人でも私的な旅行のときなど国賓とされないこともある。【編集部】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくひん【国賓】

外国から公式の資格で来訪し、国が国費で応接する賓客のうち、元首・首相・特使など。 → 公賓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国賓の関連キーワードストヤーノフ(Petǎr Stoyanov)日本記者クラブ(にっぽんきしゃくらぶ)ジグメ・ケサル・ナムゲル ワンチュクスウェーデンの王宮バーバラ ブッシュ江沢民国家主席訪日ジェツン・ペマ王妃ベアトリクス女王大勲位菊花大綬章大勲位菊花章頸飾ブラガンサ公爵館カガミクリスタルストロエスネルアルベール2世国府田 敬三郎クラリッジズ中島 伝次郎日韓共同宣言日中共同宣言京都迎賓館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国賓の関連情報