コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外罰的 がいばつてきextrapunitive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外罰的
がいばつてき
extrapunitive

S.ローゼンツワイクパーソナリティのタイプを記述するのに用いた用語。他罰的ともいう。フラストレーションの原因を外部に求め,原因と考えられる他人や物に攻撃を加えるタイプ。ローゼンツワイクはフラストレーションの事態に対する反応のタイプを外罰的,内罰 (自罰) 的,無罰的の3つに分け,絵画フラストレーションテストによってそれを見分けようとした。内罰的な者は,フラストレーションの原因を内部に求め,困るのは自分が悪いからであるとして自責の念にかられるタイプ,無罰的な者は,原因は自分でも他人でもないとして寛容な態度をとるタイプをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がいばつ‐てき〔グワイバツ‐〕【外罰的】

[形動]extrapunitive》自分の欲求不満の原因を外部に求め、他人を非難したり、外部の物・状況に対して攻撃反応を示したりする傾向。他罰的。→内罰的無罰的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

外罰的の関連キーワード他責的

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android