外罰的(読み)がいばつてき(英語表記)extrapunitive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外罰的
がいばつてき
extrapunitive

S.ローゼンツワイクパーソナリティのタイプを記述するのに用いた用語。他罰的ともいう。フラストレーションの原因を外部に求め,原因と考えられる他人や物に攻撃を加えるタイプ。ローゼンツワイクはフラストレーションの事態に対する反応のタイプを外罰的,内罰 (自罰) 的,無罰的の3つに分け,絵画フラストレーションテストによってそれを見分けようとした。内罰的な者は,フラストレーションの原因を内部に求め,困るのは自分が悪いからであるとして自責の念にかられるタイプ,無罰的な者は,原因は自分でも他人でもないとして寛容な態度をとるタイプをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がいばつ‐てき〔グワイバツ‐〕【外罰的】

[形動]extrapunitive》自分の欲求不満の原因を外部に求め、他人を非難したり、外部の物・状況に対して攻撃反応を示したりする傾向。他罰的。→内罰的無罰的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がいばつ‐てき グヮイバツ‥【外罰的】

〘形動〙 (extra-punitive の訳語) 心理学で、欲求不満による緊張が生じた場合、その原因を自分以外の外部に求め、これに対して攻撃的に反応する傾向をいう。→内罰的

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android