外臣(読み)がいしん

精選版 日本国語大辞典「外臣」の解説

がい‐しん グヮイ‥【外臣】

〘名〙
① 自国以の国の下。また、自国の君主に対して、外国から来たその国の臣下たる身分にある者をいう。
※史記抄(1477)一五「朝鮮は外臣と云たまでぞ。天子にも不入見ぞ」
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉をかし「答へて曰く外臣(グヮイシン)按ずるに若(も)し図書館長をして大蔵大臣とならしめ給はば寔に適任に候ふべし」 〔儀礼‐士相見礼〕
② 朝廷に仕えている臣の中で、自分たちの仲間以外の者。
本・春雨物語(1808)血かたびら「仲成外臣を遠ざけんとはかりては、薬子と心あはせ、なぐさめたいまつる」
③ 朝廷の臣下で、上位の近侍の臣でない者。
※十輪院内府記‐文明一一年(1479)七月一日「近口皆直衣・衣冠、外臣皆直垂也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外臣」の解説

がい‐しん〔グワイ‐〕【外臣】

他国から来た臣下。
朝廷に仕えている臣の中で、自分の仲間以外の者。
「仲成―を遠ざけんとはかりては」〈読・春雨・血かたびら〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「外臣」の解説

【外臣】がいしん

他国の臣。

字通「外」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android