コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部四郎 はっとりしろう

5件 の用語解説(服部四郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部四郎
はっとりしろう

[生]1908.5.29. 三重,亀山
[没]1995.1.29. 神奈川,藤沢
言語学者。 1931年東京大学文学部言語学科卒業。 43年文学博士。 49年東京大学教授。 69年名誉教授。 71年文化功労者。 72年日本学士院会員。 75~77年日本言語学会会長。 82年第 13回国際言語学者会議 (東京) 会長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっとり‐しろう〔‐シラウ〕【服部四郎】

[1908~1995]言語学者。三重の生まれ。東大卒。東大教授。日本語モンゴル語を中心としたアルタイ諸語を研究。著作に「音声学」「言語学の方法」など。昭和58年(1983)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部四郎 はっとり-しろう

1908-1995 昭和-平成時代の言語学者。
明治41年5月29日生まれ。昭和24年東大教授。日本語のアクセント,方言や系統,モンゴル語,朝鮮語,アイヌ語などアジアの言語を研究。戦後の言語学研究に指導的な役割をはたした。58年文化勲章。平成7年1月29日死去。86歳。三重県出身。東京帝大卒。著作に「音声学」「日本語の系統」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

はっとりしろう【服部四郎】

1908~1995) 言語学者。三重県生まれ。東大教授。日本語・モンゴル語を中心としたアルタイ諸言語の研究等、多くの業績を挙げた。著「音声学」「言語学の方法」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部四郎
はっとりしろう
(1908―1995)

日本を代表する言語学者。三重県亀山(かめやま)市に生まれる。東京帝国大学言語学科卒業。東京大学名誉教授。文学博士。日本学士院会員。1971年(昭和46)文化功労者。83年文化勲章受章。一高時代に日本語の系統を明らかにすることを志し、蒙古(もうこ)語を中心としてアジア諸言語の研究を進める。日本語についても方言アクセント体系の比較研究、琉球(りゅうきゅう)語との同系性の証明、古代語の音韻体系など多方面にわたって独創的な研究を進め、多くの学者に深い影響を与える。日本独自の言語学の確立に果たした功績は大きい。[国広哲弥]
『『言語学の方法』(1960・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の服部四郎の言及

【アイヌ語】より

…金田一と共著)を著したが,その後《アイヌ語法研究》(1942)で独自の文法論を展開し,また地名研究や民俗語彙の採集に力を注いだ。戦後になってからは服部四郎が樺太方言の記述や言語年代学的な研究に着手し,また田村すゞ子(おもに沙流方言),浅井亨(石狩,十勝方言),村崎恭子(樺太方言)が相前後して各方言の精密な記述的研究を始め,アイヌ語研究のレベルを高めた。一方,アイヌ地名に関しては,山田秀三が実証的な方法によって画期的な研究を行っている。…

【琉球語】より

…ついで沖縄学の父といわれる伊波普猷(いはふゆう)の幅広い研究,宮良当壮(みやながまさもり)(1893‐1964)の八重山方言,金城朝永(きんじようちようえい)(1902‐55)の那覇方言の研究などがつづいた。今日のレベルの研究の基礎は服部四郎,仲宗根政善に負うところが大きい。琉球語研究は国語学の中ではつねに,ことに第2次大戦前は軽視されてきたが,戦後は主として服部,仲宗根とその弟子たちによって,いくつかの辞典の編纂,奄美から与那国にいたる列島全体についての方言の調査と記述がすすめられ,また難解な《おもろさうし》の言語の研究もようやく言語学的水準に達して,琉球語全体の展望がようやく可能となっている。…

※「服部四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部四郎の関連キーワード大束百合子柴田武鈴木孝夫田中克彦千野栄一西江雅之西田竜雄野元菊雄宮岡伯人村山七郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone