コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夙の者 しゅくのもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夙の者
しゅくのもの

「宿」とも書く場合がある。近世の民身分の一つ。五畿内 (→五畿七道 ) を中心に紀伊,伊賀,近江,若狭,丹波,播磨国などに広がっている。農業を主とし,経済的には農民とあまり差はなかったが,農工商とは通婚できず,「筋之者」として差別待遇を受けた。 (→ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐の‐もの【×夙の者】

夙(しゅく)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の夙の者の言及

【宿】より

…この〈非人宿〉の場合には,その統轄の任には大寺社などから権限をゆだねられた僧体の〈長吏(ちようり)〉〈長吏法師〉が当たった。近世において,被差別部落の一部の名称として〈宿〉〈夙(しゆく)〉の語がひろまり,その地域の住民を〈宿の者〉〈夙の者〉と呼びならわしたのは,当該地域が前代の〈非人宿〉の系譜をひくものと認識されたためと推察される。また近世においては同じく被差別部落をさすのに〈宿〉よりも〈夙〉のほうが多用されたようであるが,これには文字表現の上で一般的な〈宿〉(宿場町)と〈非人宿〉(特別に賤視される人々の集落)とを明確に区別する意識が働いていたのかもしれない。…

※「夙の者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android