コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュク

デジタル大辞泉の解説

しゅく【×夙】

江戸時代、畿内に多く居住し、民視された人々。天皇の御陵番である守戸(しゅこ)のなまりともいうが未詳夙の者

しゅく【夙】[漢字項目]

[音]シュク(呉)(漢) [訓]つとに
昔から。早い時期から。つとに。「夙志夙成
朝早く。「夙夜
[名のり]あさ・つと・とし・はや

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅく【夙】

中世・近世にかけて、主に近畿地方に住み、賤民視された人々。寺社に隷属し、古くは捕吏、清めの仕事をした。近世では農業に従事する一方、竹籠・箕・土器作りなどをして行商し、また雑芸能も行なった。夙の者。宿の者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【宿】より

…この〈非人宿〉の場合には,その統轄の任には大寺社などから権限をゆだねられた僧体の〈長吏(ちようり)〉〈長吏法師〉が当たった。近世において,被差別部落の一部の名称として〈宿〉〈夙(しゆく)〉の語がひろまり,その地域の住民を〈宿の者〉〈夙の者〉と呼びならわしたのは,当該地域が前代の〈非人宿〉の系譜をひくものと認識されたためと推察される。また近世においては同じく被差別部落をさすのに〈宿〉よりも〈夙〉のほうが多用されたようであるが,これには文字表現の上で一般的な〈宿〉(宿場町)と〈非人宿〉(特別に賤視される人々の集落)とを明確に区別する意識が働いていたのかもしれない。…

※「夙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夙の関連キーワード祝・叔・夙・宿・淑・祝・粛・縮・肅くろがね製 95式軍用四輪起動車九仭の功を一簣に虧く夙川グリーンタウン神戸夙川学院大学ジーザスフレンド市立小学校の状況盪かす・蕩かす順子内親王芙照皇太后英照皇太后西宮(市)古田広計辻 利平江戸時代夙川公園北浦定政大宮御所孝明天皇明治天皇

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夙の関連情報