多治比真宗(読み)たじひの まむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比真宗 たじひの-まむね

769-823 奈良-平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の夫人(ぶにん)。
神護景雲(じんごけいうん)3年生まれ。多治比長野の娘。葛原(かずらはら)親王,佐味親王,賀陽(かや)親王,大徳親王,および安濃(あのの)内親王,因幡(いなばの)内親王を生み,正三位にすすむ。弘仁(こうにん)14年6月11日死去。55歳。正二位を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android