コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の鶴 ヨルノツル

デジタル大辞泉の解説

よる‐の‐つる【夜の鶴】

夜鳴くツル。
白居易「五弦弾」から》子を思う親の愛情の深さにたとえていう語。焼け野の雉子(きぎす)。夜鶴(やかく)子を思う。→夜鶴(やかく)
「―の子を思って籠(こ)の中に鳴く」〈謡・経政

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よるのつる【夜の鶴】

〔「夜鶴やかく」の訓読み〕
夜半に鳴く鶴。子を思う親の愛をたとえていう語。 「焼け野の雉きぎす-」 「子を悲しみて猿ましらなく、夜半の鵺ぬえ鳥-/浄瑠璃・嫗山姥」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone