コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の鶴 ヨルノツル

デジタル大辞泉の解説

よる‐の‐つる【夜の鶴】

夜鳴くツル。
白居易「五弦弾」から》子を思う親の愛情の深さにたとえていう語。焼け野の雉子(きぎす)。夜鶴(やかく)子を思う。→夜鶴(やかく)
「―の子を思って籠(こ)の中に鳴く」〈謡・経政

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よるのつる【夜の鶴】

〔「夜鶴やかく」の訓読み〕
夜半に鳴く鶴。子を思う親の愛をたとえていう語。 「焼け野の雉きぎす-」 「子を悲しみて猿ましらなく、夜半の鵺ぬえ鳥-/浄瑠璃・嫗山姥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜の鶴の関連キーワード三越 左千夫子を思う鶴芝木 好子三越左千夫十六夜日記阿仏尼訓読み嫗山姥夜半

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android