コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇莫者 ソマクシャ

デジタル大辞泉の解説

そまくしゃ【蘇莫者】

雅楽。唐楽盤渉(ばんしき)調で古楽の中曲。舞は一人舞で、猿面をつける。役が一人侍立して竜笛を吹く。聖徳太子が笛を吹き、山神が舞った姿とされる。そまくさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そまくしゃ【蘇莫者】

雅楽,管絃舞楽の曲名。唐楽にふくまれ盤渉(ばんしき)調。一人舞の走舞(はしりまい)。蘇莫遮とも書く。別名《莫者》。番舞(つがいまい)は《蘇志摩利》。この曲用の別装束(毛べりのついた赤の裲襠(りようとう)装束)に蓑をまとい,金色の山神(あるいは老猿)を模した面をつけ,左手に桴(ばち)を持って舞う。別に太子(たいし)と呼ばれる笛の音頭が舞台の上で笛を奏す。太子は左方襲(さほうかさね)(常)装束に唐冠(とうかんむり)をかぶり,太刀を腰に下げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そまくさ【蘇莫者】

そまくしゃ【蘇莫者】

雅楽の一。左方の古楽で盤渉ばんしき調の中曲。一人舞の走り舞。装束は胡裲襠こうちかけ・走り物袍ほうに黄色の蓑みの、金色の猿面をつけ、桴ばちを持つ。笛役が一人侍立して笛を吹く。そまくさ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇莫者
そまくしゃ

雅楽の曲名。唐楽(とうがく)。林邑八楽(りんゆうはちがく)の一つとも。管絃(かんげん)、舞楽の両方がある。盤渉(ばんしき)調。舞は1人の走舞(はしりまい)。全体は古楽乱声(こがくらんじょう)、蘇莫者音取(ねとり)、序、破からなる。蘇莫者とは西域(せいいき)高昌(こうしょう)国(現在のトゥルファン)の皮袋の帽子の名。起源は高昌国の散楽か中央アジアの雨乞(あまごい)踊りといわれ、ものまねの要素が強い。山の神あるいは老猿を表す金色の面をつけ、左手に桴(ばち)を持って舞う。元来、天王寺楽所に伝わる秘舞で、聖徳太子が信貴山(しぎさん)を越えるときに吹いた笛の妙音に山の神が喜悦して舞ったありさまを曲にしたという。竜笛の音頭(おんどう)(第一奏者)は太子に扮(ふん)し、舞台脇(わき)で四天王寺の宝物である「京不見御笛(きょうみずのおふえ)」を吹く。聖徳太子を役行者(えんのぎょうじゃ)とする説もある。番舞(つがいまい)は『八仙(はっせん)』『林歌(りんが)』など。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蘇莫者の関連キーワード八多良拍子夜多羅拍子松平頼則林邑楽只拍子舞楽面西村朗乱声八仙雅楽

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘇莫者の関連情報