コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢野の鹿 ユメノノシカ

2件 の用語解説(夢野の鹿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆめの‐の‐しか【夢野の鹿】

夢野(現在の神戸市兵庫区湊川の西)にいたという夫婦の鹿。また、その伝説。日本書紀の仁徳38年や摂津国風土記に見える。昔、夢野に夫婦の鹿がおり、牡鹿には淡路の野島に妾(めかけ)の鹿がいた。牡鹿はある夜、自分の背に雪が降り、すすきが生える夢を見た。牝鹿は妾のもとに通うのを妬んでいたので、この夢を射殺される前兆の夢だと占って、野島に行くのをとめた。しかし、牡鹿は妾の鹿恋しさに野島へ向かい、その途中の海で船人に見つかり、射殺されたという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆめののしか【夢野の鹿】

昔、夢野(現在の神戸市兵庫区)にいたという夫婦の鹿。「摂津風土記」にみえる伝説によると、男鹿には別に淡路の野島に妾めかけの鹿があった。ある夜、男鹿は背に雪が降り、すすきが生える夢を見た。本妻の鹿は偽りの夢判断をして、射殺されて塩を塗られる前兆だといって男鹿が妾のもとに行くのをとめたが、男鹿は妾の鹿恋しさに出かけて行き、途中船人に見つけられて射殺されたという。 「夜を残す寝覚に聞くぞあはれなる-もかくや鳴くらん/山家

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢野の鹿の関連キーワード兵庫区和田岬神戸市外国語大学神戸電鉄兵庫神戸アートビレッジセンターホール神戸市御崎公園球技場ホームズスタジアム神戸川西倉庫寄神建設

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone