コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢野の鹿 ユメノノシカ

デジタル大辞泉の解説

ゆめの‐の‐しか【夢野の鹿】

夢野(現在の神戸市兵庫区湊川の西)にいたという夫婦の鹿。また、その伝説。日本書紀の仁徳38年や摂津国風土記に見える。昔、夢野に夫婦の鹿がおり、牡鹿には淡路の野島(めかけ)の鹿がいた。牡鹿はある夜、自分の背に雪が降り、すすきが生える夢を見た。牝鹿は妾のもとに通うのを妬んでいたので、この夢を射殺される前兆の夢だと占って、野島に行くのをとめた。しかし、牡鹿は妾の鹿恋しさに野島へ向かい、その途中の海で船人に見つかり、射殺されたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆめののしか【夢野の鹿】

昔、夢野(現在の神戸市兵庫区)にいたという夫婦の鹿。「摂津風土記」にみえる伝説によると、男鹿には別に淡路の野島に妾めかけの鹿があった。ある夜、男鹿は背に雪が降り、すすきが生える夢を見た。本妻の鹿は偽りの夢判断をして、射殺されて塩を塗られる前兆だといって男鹿が妾のもとに行くのをとめたが、男鹿は妾の鹿恋しさに出かけて行き、途中船人に見つけられて射殺されたという。 「夜を残す寝覚に聞くぞあはれなる-もかくや鳴くらん/山家

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夢野の鹿の関連キーワード男鹿

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android