コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢金

デジタル大辞泉プラスの解説

夢金

古典落語の演目のひとつ。「錦嚢」とも。二代目三遊亭遊三が得意とした。オチはしぐさオチ。主な登場人物は、さむらい、船頭

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夢金
ゆめきん

落語。古くは「欲の熊鷹(くまたか)」「欲の熊蔵(くまぞう)」ともいった。欲の深い船頭の熊蔵は、寝言にまで「百両欲しい、二百両欲しい」とうなっていた。ある日、船宿へ浪人が美しい娘を連れてきて「深川まで屋根船を出してくれ」という。熊蔵は酒代をはずむという約束で船を出すことにする。大川の途中まできたとき浪人が熊蔵をおびき出し、「あの娘は、家出の途中に癪(しゃく)を起こして苦しんでいたのを介抱ごかしに連れてきた。大金を持っているから殺して山分けしよう」という。熊蔵は逆に浪人をだまして中洲(なかす)に置き去りにし、娘を家へ届ける。娘の親は喜んで熊蔵に100両を礼金として渡す。熊蔵が「こいつはしめた」と両手で強く握り締めると痛いので目が覚めた。気がつくと熊蔵は元の船宿の2階で夢をみており、自分の急所をしっかりと握っていた。講釈調の話し方で運ぶ特異な話芸で、江戸の錦絵(にしきえ)を思わせる味わい深い咄(はなし)。3代目三遊亭金馬、6代目三遊亭円生(えんしょう)らが得意とした。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夢金の関連キーワード三遊亭 遊三(2代目)三遊亭 円生(5代目)三遊亭円生黄海南道古典落語長山串

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢金の関連情報