熊鷹(読み)クマタカ

デジタル大辞泉の解説

くま‐たか【熊×鷹】

タカ科の鳥。全長は雄が72センチ、雌が80センチくらい。頭に冠羽があり、上体は黒褐色、腹は白に茶の斑がある。北海道から九州の山地にすむ。鷹狩りに用いられた。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くまたか【熊鷹】

タカ目タカ科の鳥。全長約80センチメートル、翼を開くと2メートル 近い。暗褐色の背をし、腹面は白地に褐色の横斑がある。山間にすみ、兎や鳥類を捕食する。日本から東南アジア・中国・インドに分布。日本に生息する亜種は朝鮮半島にも分布するが個体数が少ない絶滅危惧種。
乱暴で貪欲な者のたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊鷹の関連情報