熊鷹(読み)クマタカ

デジタル大辞泉の解説

くま‐たか【熊×鷹】

タカ科の鳥。全長は雄が72センチ、雌が80センチくらい。頭に冠羽があり、上体は黒褐色、腹は白に茶の斑がある。北海道から九州の山地にすむ。鷹狩りに用いられた。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くまたか【熊鷹】

タカ目タカ科の鳥。全長約80センチメートル、翼を開くと2メートル 近い。暗褐色の背をし、腹面は白地に褐色の横斑がある。山間にすみ、兎や鳥類を捕食する。日本から東南アジア・中国・インドに分布。日本に生息する亜種は朝鮮半島にも分布するが個体数が少ない絶滅危惧種。
乱暴で貪欲な者のたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くま‐たか【熊鷹】

〘名〙 (「くまだか」とも)
① タカ科の鳥。全長約八〇センチメートル、翼開張一・六メートルに達する大形のタカ。背面は濃褐色で他は白く、くびには黒褐色の縦斑、腹面には褐色の横斑が多数ある。頭に小さな羽冠があり、あしは指の基部まで羽毛でおおわれる。山地の森林にすみ、ウサギ、キジなどを捕食。古くから狩に用いられ、また尾羽は(やばね)として用いられる。インドから東南アジアに広く分布、日本では留鳥。《季・冬》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 性質が凶暴な者、また、貪欲な者。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)九「身の讎となるをもわかで欲にのみ人や鵰又さけのゑい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊鷹の関連情報