熊鷹(読み)くまたか

精選版 日本国語大辞典「熊鷹」の解説

くま‐たか【熊鷹】

〘名〙 (「くまだか」とも)
① タカ科の鳥。全長約八〇センチメートル、翼開張一・六メートルに達する大形のタカ。背面は濃褐色で他は白く、くびには黒褐色の縦斑、腹面には褐色の横斑が多数ある。頭に小さな羽冠があり、あしは指の基部まで羽毛でおおわれる。山地の森林にすみ、ウサギ、キジなどを捕食。古くから鷹狩に用いられ、また尾羽は矢羽(やばね)として用いられる。インドから東南アジアに広く分布、日本では留鳥。《季・冬》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 性質が凶暴な者、また、貪欲な者。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)九「身の讎となるをもわかで欲にのみ人や鵰又さけのゑい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熊鷹」の解説

くま‐たか【熊×鷹】

タカ科の鳥。全長は雄が72センチ、雌が80センチくらい。頭に冠羽があり、上体は黒褐色、腹は白に茶の斑がある。北海道から九州の山地にすむ。鷹狩りに用いられた。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android