コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築山殿 つきやまどの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築山殿
つきやまどの

[生]?
[没]天正7(1579).8.29. 岡崎
江戸幕府初代将軍徳川家康の室。鶴姫。今川氏の一族関口親永の娘。今川義元の養女となり,弘治3 (1557) 年家康が今川氏の人質のとき,駿河で結婚。家康より 10歳年長という。家康との間に,1男 (信康) ,1女 (亀姫,奥平信昌夫人) があった。桶狭間の戦い後,三河国岡崎に入り,岡崎の築山というところに居所を構えたのでこう呼ばれた。天正7 (79) 年武田方に内通したという理由で家康に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つきやま‐どの【築山殿】

[1542~1579]徳川家康正室。今川氏の一族関口義広の娘。今川氏の人質であった家康に嫁して二子をもうけたが、のち、武田勝頼に内通したとして織田信長にとがめられ、家康の命により殺された。駿河御前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

築山殿 つきやまどの

1542-1579 織豊時代,徳川家康の正室。
天文(てんぶん)11年生まれ。今川義元の姪(めい)。弘治(こうじ)2年に結婚。徳川信康,亀姫を生む。信康とともに武田勝頼と内通したと織田信長に嫌疑をかけられ,天正(てんしょう)7年8月29日家康の家臣により暗殺された。38歳。通称は瀬名姫,駿河御前。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

築山殿

没年:天正7.8.29(1579.9.29)
生年:生年不詳
徳川家康の正室。今川義元の重臣関口親永(氏広)の娘。母は義元の妹で,義元の姪に当たるといわれる。生年には諸説がある。瀬名姫,駿河御前などとも称される。駿府の今川家に人質としてとどめられていた家康(当時松平元康)と結婚,長男信康,長女亀姫(加納御前)を儲ける。義元の戦死後,家康が本領の岡崎に戻ったため,築山殿母子は一時今川氏の人質状態に置かれた。このことが家康との不和の原因になったとされる。家康が浜松へ移居したのちも,信康の後見と称し,岡崎城にとどまった。信康の妻徳姫(織田信長の娘)とも不仲で,築山殿と信康は,信長から武田勝頼と内通しているとの嫌疑をかけられ,信康は謹慎させられる。築山殿は家康の許へ弁明に赴く途中,遠江国富塚(浜松市)で家臣によって殺害された。墓所は西来院(浜松市)。

(久保貴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきやまどの【築山殿】

1542‐79(天文11‐天正7)
徳川家康の室。今川氏の一族関口義広(一説に親永)の女で今川義元の姪。1556年(弘治2)家康に嫁し信康,亀姫を生む。62年(永禄5)岡崎に迎えられ,駿河御前とも,居住地築山にちなみ築山殿とも称された。70年(元亀1)家康が浜松城移転後は別居。79年武田勝頼への通謀を疑われ,織田信長に迫られた家康の命令で,8月29日遠江国敷智郡富塚(現,浜松市)で殺害された。【新行 紀一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つきやまどの【築山殿】

1542~1579) 徳川家康の正室。今川氏の一族関口義広(一説に親永)の娘。家康の長男信康を生むが、のち武田勝頼への内通を疑われて殺された。半月後、信康も自刃。駿河御前。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

築山殿
つきやまどの
(1542―1579)

徳川家康の室。駿河御前(するがごぜん)ともいう。父は関口義広(よしひろ)(一説に氏広、また親永(ちかなが)など)、母は駿河の今川義元の妹。1556年(弘治2)義元の養女として、当時今川氏の人質となり駿府(すんぷ)にあった三河岡崎城主の家康に嫁し、のち信康・亀姫の一男一女をもうけた。後日、家康の独立に伴い、1562年(永禄5)迎えられて岡崎に移り、70年(元亀1)家康の遠江(とおとうみ)浜松移徙(いし)に際し、世嗣(せいし)信康の預かる岡崎にとどまった。79年(天正7)8月29日、武田勝頼(かつより)に内通したことを織田信長に咎(とが)められ、家康の命を受けた家臣野中重政(しげまさ)の手によって浜松の近在で討ち取られた。数え年38。法号は西光院(のち清池院に改む)、遠江清滝(せいりゅう)寺(静岡県浜松市天竜区二俣町二俣)に葬る。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の築山殿の言及

【徳川家康】より

…1549年(天文18)広忠の死後,今川・織田間の捕虜交換協定によってあらためて駿府に赴いた。55年(弘治1)義元の館で元服し義元の一字を与えられて元信と名のり,今川氏の一族関口刑部少輔の娘(築山殿(つきやまどの))と結婚した。58年(永禄1)ごろ元康と改名。…

※「築山殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

築山殿の関連キーワードお万の方(1)徳川家康妻大内教弘鵜殿氏次織豊時代石川数正お万の方松平信康松平記自刃

築山殿の関連情報