コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大冶鉄山 ダイヤテツザン

デジタル大辞泉の解説

だいや‐てつざん【大冶鉄山】

中国、湖北省南東部にある鉄鉱石の鉱山。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいやてつざん【大冶鉄山】

中国、湖北省南東部にある鉄鉱石の産地。武漢鉄鋼コンビナートに原料を供給。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大冶鉄山
だいやてつざん

中国湖北省の鉄鉱石産地。漢冶萍(かんやひょう)公司(コンス)の製鉄原料部門となる。日本の八幡製鉄所(やはたせいてつしょ)との関係が深く、ここの鉄鉱石買入れ契約を結んだ(1899年)ことで、八幡製鉄所は開業の目途(めど)がついたという。1904年(明治37)には、大冶鉄山を担保とする300万円の借款供与が行われたが、これは日本政府による対外借款第1号である。その後も大冶鉄山、すなわち漢冶萍公司に対する借款は継続され、積み重ねられて20世紀初頭における日本の対外借款の代表例となる。このようにして獲得した漢冶萍公司に対する金融的支配により、鉄鉱石等の八幡製鉄所への納入価格や納入量は、長期にわたって固定され、同公司の経営を圧迫した。1900~1924年(大正13)までに八幡製鉄所へ鉄鉱石換算で約600万トンが納入されている。これは大冶鉄山の同期間総産出量の3分の2に達した。[安藤 実]
『安藤実著『日本の対華財政投資――漢冶萍公司借款』(1967・アジア経済研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大冶鉄山の言及

【漢冶萍煤鉄公司】より

…中国の清朝末期に設立された最大の製鉄会社。湖北省の漢陽鉄廠,大冶(だいや)鉄山,江西省の萍郷(ひようきよう)炭鉱の3事業を統合するもの。1890年湖広総督張之洞は京漢鉄道への鋼材供給などの目的で,漢陽鉄廠を官営企業として発足させた。…

【黄石】より

…市内には丘陵,湖沼が多い。西方26kmのところに大冶鉄山があり,1891年(光緒17)に開発された。鉄山との間に鉄道・自動車網が縦横に交錯しており,ここからかつて日本の八幡製鉄所へ原料鉱として積み出された。…

【湖北[省]】より

… 地下資源も豊富で工業の発展の基礎となっている。鉄鉱石の埋蔵量が最も多く,大冶鉄山は中国内でも有名である。鉱石中の鉄分含有率が65%を超える優良鉱で,副産物として銅やそのほかの非鉄金属の鉱床も多い。…

※「大冶鉄山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone