コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡製鉄所 やわたせいてつじょ

8件 の用語解説(八幡製鉄所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡製鉄所
やわたせいてつじょ

かつての日本最大の鉄鋼会社。明治中頃,鉄鋼の需要がふえ,また軍備増強および産業資材用鉄鋼の生産増大をはかるため,1896年の第9帝国議会で官営製鉄所建設案が可決され,翌年福岡県八幡村で建設が開始された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やはた‐せいてつじょ【八幡製鉄所】

明治34年(1901)日本初の銑鋼一貫操業を開始した官営製鉄所。昭和9年(1934)半官半民日本製鉄となり、第二次大戦後、過度経済力集中排除法などに基づき八幡製鉄富士製鉄など4社に分割、昭和45年(1970)に富士製鉄と合併して新日本製鉄となる。平成27年(2015)「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の名で、旧本事務所・旧鍛冶工場・修繕工場・遠賀川水源地ポンプ室の四つの関連施設が世界遺産文化遺産)に登録された。

やわた‐せいてつじょ〔やはた‐〕【八幡製鉄所】

やはたせいてつじょ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八幡製鉄所【やはたせいてつしょ】

日本最初の一貫製鉄所主として軍事的要請から官営製鉄所設置がきまり,1896年官制公布,現在の北九州市八幡東区枝光に建設開始,1901年一貫全工程が操業された。
→関連項目漢冶萍煤鉄公司北九州工業地帯佐木隆三鉄鋼業八幡製鉄所争議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やはたせいてつじょ【八幡製鉄所】

〈やわたせいてつじょ〉とも呼ぶ。1901年(明治34)に官営製鉄所として操業を開始して以降,第2次大戦前の日本鉄鋼業の発展過程において一貫して中心的役割を果たした近代的な銑鋼一貫製鉄所。設立当初は,正称ではあるが,名なしにも等しい〈製鉄所〉(農商務省所管,1925年以降は商工省所管)という呼名しかなかったが,しだいに八幡製鉄所呼ばれるようになっていった。1925年以降日本の近代化・資本主義化を推進するうえで鉄鋼業の保護・育成は軍事上・経済上不可欠であったが,とくに日清戦争の勃発(1894)により,官営製鉄所の建設が急務となり,1896年第9回帝国議会において農商務省所管の製鉄所建設案が可決成立し,同年3月製鉄所官制が公布された(4月1日施行)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やはたせいてつじょ【八幡製鉄所】

やわたせいてつじょ【八幡製鉄所】

1901年(明治34)、重工業の基礎となる鉄鋼の国産化を目指し、高炉による銑鋼一貫生産を開始した官営製鉄所。軍需産業の基幹として政府および軍の管轄下に置かれ、34年(昭和9)、鉄鋼トラストである日本製鉄株式会社に発展した。第二次大戦後、富士・八幡の両社に分割解体、70年再び合併して、新日本製鉄となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡製鉄所
やはたせいてつしょ

第二次世界大戦前、日本の鉄鋼業において中心的役割を担った官営製鉄所。明治20年代の近代工業の発達と日清(にっしん)戦争を契機とする鉄鋼需要に応じるため1896年(明治29)に公布された「製鉄所官製」に基づき、日清戦争による賠償金の一部を使用しドイツ人技師の指導を受けて福岡県八幡村に建設された。1901年(明治34)に第一高炉に火入れし、わが国初の近代的銑鋼一貫工場として操業を開始した。日露戦争後の鉄鋼需要の急増に対して相次ぎ拡張計画を実施、第一次世界大戦による鉄鋼ブームのもとで1916年(大正5)に粗鋼年産100万トンを目標とする第三次拡張計画に着手した。しかし、大戦後の慢性的な不況と外国鋼材のダンピング攻勢によって日本の鉄鋼業は大きな打撃を受け、官営製鉄所も厳しい合理化を迫られた。そうした状況下で鋼材の安定自給を目ざして官営製鉄所は民間製鉄5社と合併、1934年(昭和9)に日本製鉄となった。これに伴い「製鉄所」は正式名称を「八幡製鉄所」と改めた。[中村清司]
『八幡製鉄株式会社編・刊『八幡製鉄所五十年史』(1950) ▽新日本製鉄株式会社編・刊『八幡製鉄所八十年史』(1980)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八幡製鉄所の言及

【漢冶萍煤鉄公司】より

…日本の国内生産のうち銑鉄で73.8%,鋼材で83.5%を占めていた(1913)。八幡製鉄所の原料鉄鉱石は,中国からの輸入分が1901‐28年まで39~100%を占めていたが,そのうち,大冶鉱が1918年までは100%,以後も半数前後を占めつづけた。このように日本鉄鋼に不可欠の公司への支配を確実にすべく,1915年の対華二十一ヵ条要求では日中合弁が要求されたが,中国側官民の抵抗で実現しなかった。…

【公害】より

…大阪市の公害対策は戦争によって中断するが,戦前の先駆的な公共部門による公害対策といえよう。 第3の典型例は,八幡における八幡製鉄所の公害であろう。八幡製鉄所は官営であり,その公共性からいって,民間企業に比べてより進んだ公害対策をとらねばならぬはずであるが,実際には反対で,お上の権力で,〈企業城下町〉ともいうべき市民の発言が困難な都市をつくり上げた。…

【産業革命】より


[重工業]
 日本の産業革命においては,機械・金属工業などの重工業は,生産技術の世界的水準との極端な格差のために発展がきわめて困難で,重工業製品の多くを先進国からの輸入に頼らなければならなかった。そうしたなかで,官営の〈軍事工場〉八幡製鉄所および財閥傘下の大規模造船所だけが,軍事的・政治的必要から国家資金を集中的に投下されて突出的に発展した。殖産興業期に創設された陸・海軍工廠を中心とする官営軍事工場は,軍艦・兵器生産の自立を課題に日清・日露戦争を通じて拡充され,小銃などの自給を達成するとともに,その生産技術も著しい躍進を遂げて,日露戦争前後に世界的水準に到達する。…

【盛宣懐】より

…盛宣懐の鉄道国有化策は大きな反発を招き,さらに辛亥革命の導火線となったため失脚,以前訪れたことのある日本に亡命したが,まもなく帰国した。日本の官営製鉄所が九州の八幡につくられたのは(八幡製鉄所),盛宣懐の経営する大冶鉄山をあてにしたからである。61年,東京芝公園に豪華な中華料理店〈留園〉をつくった盛毓度(1913‐ )は,盛宣懐の孫。…

【鉄鋼業】より

…また同年にはベルギー,ドイツ,フランス,ルクセンブルクおよびザールの鉄鋼業者グループにより国際粗鋼組合が結成され,鉄鋼輸出価格の安定化が企図され,さらに32年には,ドイツ,フランス,ベルギー,ルクセンブルクの4国間で国際粗鋼輸出組合が結成され,のちにイギリス,アメリカの鉄鋼企業も参加して文字どおり国際鉄鋼カルテルに発展した。
【日本の歴史】
 日本における近代的鉄鋼業は,釜石(岩手県)の洋式高炉の操業(1857)に始まるが,本格的には官営の八幡製鉄所の設立(1896年製鉄所官制公布)によってもたらされた。釜石の製鉄所は,技術的失敗を繰り返しつつ,明治政府の官営を経て,民間の釜石鉱山田中製鉄所となり,その銑鉄生産高は1894年以降,旧来の砂鉄銑を上回った。…

【八幡製鉄所】より

…1901年(明治34)に官営製鉄所として操業を開始して以降,第2次大戦前の日本鉄鋼業の発展過程において一貫して中心的役割を果たした近代的な銑鋼一貫製鉄所。設立当初は,正称ではあるが,名なしにも等しい〈製鉄所〉(農商務省所管,1925年以降は商工省所管)という呼名しかなかったが,しだいに八幡製鉄所と呼ばれるようになっていった。1925年以降日本の近代化・資本主義化を推進するうえで鉄鋼業の保護・育成は軍事上・経済上不可欠であったが,とくに日清戦争の勃発(1894)により,官営製鉄所の建設が急務となり,1896年第9回帝国議会において農商務省所管の製鉄所建設案が可決成立し,同年3月製鉄所官制が公布された(4月1日施行)。…

※「八幡製鉄所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八幡製鉄所の関連キーワード鉄条網鞍山製鉄所撤除鉄杖鉄条鉄城八幡製鉄所争議加地哲定雪上蹄鉄 (snow shoe)舌状連尾蹄鉄 (tongue bar shoe)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八幡製鉄所の関連情報