コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職員令 しょくいんれい

2件 の用語解説(職員令の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょくいんれい【職員令】

明治初年の官制改革の一つ。1868年(明治1)の政体書による中央行政機構を根本的に改めて,69年7月に制定された。政体書の内容が急進的であったのに対し,復古の色彩の濃い職員令は,官位職制を主として大宝律令の古制にならっている。太政官は行政官に代わって政府の中枢機関となり,その上に神祇伯を長とする神祇官を置き,大宝律令の二官併存にならった。太政官には左右大臣各1人が置かれ,天皇を補佐し,大政を総理するものとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職員令
しきいんりょう

日本古代の『養老令(ようろうりょう)』(718)の第2篇(へん)で全80条。『大宝令(たいほうりょう)』(701)では官員令と称された。内官の神祇(じんぎ)官、太政(だいじょう)官、八省と被管の二職(しき)十六寮(りょう)三十司(し)、弾正(だんじょう)台、五衛府(えふ)と被管の一司、左右馬(め)寮、左右兵庫(ひょうご)、内(うち)兵庫、左右京職(けいしき)と被管二司、外官(げかん)の摂津職(せっつしき)、大宰府(だざいふ)、大上中下国、大上中下小郡、軍団、国博士(くにはかせ)、医師について、官司ごとに四等官、品官(ほんかん)、雑任(ぞうにん)、品部(しなべ)、雑戸(ざっこ)などの官職名、員数、職掌を定める。第3~5篇に後宮(ごくう)職員令、東宮(とうぐう)職員令、家令(けりょう)職員令がある。唐の開元7年令(719)と比較すると、その三師三公台省職員令、寺監職員令、衛府職員令、州県鎮戍嶽涜関津(ちんじゅがくとくかんしん)職員令を一つにまとめたものとなっている。[石上英一]
『井上光貞他編『律令』(1976・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職員令の関連キーワード大蔵卿集議院押丁三院司法卿内務卿等外官規制改革規制改革・民間開放推進会議規制改革・構造改革特区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone