コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原八郎 おおはら はちろう

2件 の用語解説(大原八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原八郎 おおはら-はちろう

1882-1943 大正-昭和時代前期の医学者。
明治15年生まれ。東北帝大外科学助教授をへて,福島市の大原病院院長となる。大正14年ノウサギからヒトに感染する野兎(やと)病の病原菌を発見。のちツラレミアと同一疾患と判明。昭和18年6月25日死去。62歳。福島県出身。京都帝大卒。旧姓は阿部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大原八郎
おおはらはちろう
(1882―1943)

医学者。福島県に生まれる。旧姓は阿部。福島市の大原病院長(現、大原綜合病院)大原一(はじめ)の養子となる。1910年(明治43)京都帝国大学医科を卒業。東北帝国大学外科学教室に入り、講師、助教授を歴任後、大原病院副院長、院長となる。1925年(大正14)日本で初めて野兎(やと)病(ツラレミア)を報告、その病原菌パステウレラ・ツラレンシスPasteurella tularensisを発見した。この病気は元来ノウサギ、ネズミ、リスなどにおこるものであるが、人間も感染することがある。1930年(昭和5)「大原病」としてドイツ語で公表した。[本田一二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大原八郎の言及

【野兎病】より

…日本では東北地方に多く,病原菌は野兎病菌Francisella tularensis(グラム陰性,多形性菌)で,感染力はきわめて強い。1922年にアメリカのユタ州で発見され〈ツラレミアtularemia〉と名づけられたが,日本でも25年に福島の大原八郎(1882‐1943)が独自に研究し〈野兎病〉として報告し,後になって両者が同一の病気であることが明らかになった。報告者の名をとって〈大原病〉ともいう。…

※「大原八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大原八郎の関連キーワード大井広鹿熊久安小林寛治白神邦二田淵豊吉戸川篤次根来簡二三国仁兵衛吉田芳明若尾謹之助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone