コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂城内見聞録 おおさかじょうないけんぶんろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大坂城内見聞録
おおさかじょうないけんぶんろく

大友宗麟の手記。1通。宗麟が豊臣秀吉に島津義久の豊後侵略を訴えにきたとき,大坂城内で見聞したことを内容とする。大坂城内の繁栄の様子や秀吉の生活などを知るには絶好の史料で,当時の大坂城を観察したもののなかでは最も詳しい。『大友史料第二集』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大坂城内見聞録
おおさかじょうないけんぶんろく

1586年(天正14)4月、豊後(ぶんご)国(大分県)臼杵(うすき)城主大友宗麟(そうりん)が島津氏の豊後侵略のいきさつを豊臣(とよとみ)秀吉に訴えるため、大坂城に赴いたときの書状形式の手記。国許の家臣にあてて堺(さかい)の妙国寺で認めたもの。大坂城下町繁栄のようす、城内の絢爛(けんらん)豪華なようすが詳しく書かれている。宗麟が秀吉の案内で天守閣に昇り、「近国近方之在々所々」を展望し、「三国無双」の城と感激したことや、千利休(せんのりきゅう)から「内々之儀は宗易(そうえき)(利休)」にまかせ、「公儀之事は宰相(羽柴(はしば)秀長)存じ候」と励まされた話などはよく知られている。[北島万次]
『岡本良一著『大坂城』(1970・岩波書店) ▽田北学編『大友史料 第二輯』(1938・金洋堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例