大型パネル工法(読み)おおがたパネルこうほう(英語表記)large panel construction method

世界大百科事典 第2版の解説

おおがたパネルこうほう【大型パネル工法 large panel construction method】

2辺の寸法がルームサイズ以上のパネル(板状の部材)を一般に大型パネルといい,大型パネルを組み立てて,屋根,床,壁として用いる建築の施工法を大型パネル工法という。パネルの材料には木材,金属,プラスチックなどもあるが,コンクリートが一般的である。現場工事における労務工数はパネルが大型なため少なくてすむが,反面,小型のブロックなどによるものと同程度の汎用(はんよう)性をもたせようとすると,多くの部品種を要し,また1部品当りの使用個数が少ないなどの理由からコストアップを招きがちである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android