コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大寿宗彭 たいじゅ そうほう

1件 の用語解説(大寿宗彭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大寿宗彭 たいじゅ-そうほう

?-1430* 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。摂津豊島(てしま)郡(大阪府)大広寺の天巌宗越(てんがん-そうおつ)に師事して,その印可をうける。祇樹寺,大広寺などの住持となり,遠江(とおとうみ)(静岡県)大興寺をひらいた。永享元年12月25日死去。大隅(おおすみ)(鹿児島県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大寿宗彭の関連キーワードビータウタス宙に浮いた年金記録新生銀行青函トンネル伽倻山クルク島申楽談儀尋尊年金記録問題ベリーニ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone