コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山火山帯 ダイセンカザンタイ

2件 の用語解説(大山火山帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいせん‐かざんたい〔‐クワザンタイ〕【大山火山帯】

中部地方の白山に始まり、中国地方大山三瓶山(さんべさん)を経て、九州の雲仙岳に続く火山帯。最近は白山周辺を別とする説が有力。白山火山帯

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大山火山帯【だいせんかざんたい】

白山火山帯とも。石川県白山を東端とし,福井県大日岳,鳥取県大山,島根県三瓶(さんべ)山を経て九州にわたり,大分県両子火山,同九重山を経て九州西縁の温泉(雲仙)火山,多良岳に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の大山火山帯の言及

【火山帯】より

…黒雲母安山岩は,富士火山帯以東の諸火山帯にはみられず,この火山帯以西の諸火山帯に産する。
[大山火山帯]
 中部地方北西部の白山,戸室山などを東縁とし,中国地方の大山,三瓶(さんべ)山,青野山,四熊ヶ岳などや周防灘の姫島を経て,九州の両子(ふたご)山,鶴見岳,由布岳,九重山,金峰山,雲仙岳,多良岳へと続く火山帯。白山火山帯ともいう。…

※「大山火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone