コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三瓶山 さんべさん

7件 の用語解説(三瓶山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三瓶山
さんべさん

島根県中部,大田市の南東部にある火山。石見高原上に噴出した溶岩円頂丘 (鐘状火山) で白山火山帯に属する。『出雲国風土記』の佐比売山 (さひめやま) で,国引きの神話で有名。親 (男) 三瓶 (1126m) を主峰に,子三瓶 (961m) ,孫三瓶 (907m) ,女三瓶 (957m) が環状に並び,室 (むろ) の内と呼ばれる噴火口を囲む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんべ‐さん【三瓶山】

島根県中部にある火山群。古くは佐比売(さひめ)山といい「出雲国風土記」の国引きの伝説の山。最高峰の親三瓶(男三瓶(おさんべ)とも。標高1126メートル)のほか、女三瓶(めさんべ)・子三瓶・孫三瓶が連なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三瓶山【さんべさん】

島根県中部にある活火山。標高1126m。黒雲母花コウ岩の台地上に噴出した安山岩質溶岩からなり,室ノ内火口を中心に,男三瓶,女三瓶,子三瓶,孫三瓶の4峰が環状に連なる。
→関連項目大田[市]中国山地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんべさん【三瓶山】

島根県中央部,旧出雲・石見両国の境にある火山群。最高峰は男三瓶(おさんべ)(親三瓶,1126m)。小型ながら,大山と並ぶ中国地方数少ない火山の一つで,《出雲国風土記》の国引きの神話にある佐比売(さひめ)山にあたる。大きく新旧2期の活動が推定され,古三瓶期には石英安山岩質の溶岩,凝灰角レキ岩が噴出し,のちカルデラが生じて北部の森田山,茶臼山などの外輪山がつくられた。新三瓶期にはカルデラ内にある日影山,男三瓶,女三瓶(めさんべ),子三瓶,孫三瓶などの溶岩円頂丘が形成され,ほぼ現在の姿となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんべさん【三瓶山】

島根県中部にある溶岩円頂丘群。主峰は男三瓶、海抜1126メートル。大山だいせん隠岐国立公園の一部。佐比売さひめ山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕三瓶山(さんべさん)


島根県中央部に噴出した複数の溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)などからなる複式火山の総称。火口の室ノ内(むろのうち)の周囲に主峰の男()三瓶山(標高1126m)、女()三瓶山(同953m)、子()三瓶山(同961m)などが並ぶ。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』が記す「国引き神話」の舞台の一つ。山麓(さんろく)に東ノ原・西ノ原の広い裾野(すその)が広がり、ウシを放牧。ワサビ・イチゴが特産。南麓にわく三瓶温泉のほかスキー場・キャンプ場などのレジャー施設が整う。大山隠岐(だいせんおき)国立公園の中心。男三瓶山にはブナ・ミズナラなどが繁茂し、三瓶山自然林として天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三瓶山
さんべさん

島根県中央部、出雲(いずも)と石見(いわみ)の国境にある複式火山。大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部。『出雲国風土記(ふどき)』には佐比売(さひめ)山とある。白山(はくさん)火山帯に属するが、有史以後の記録はない。石英安山岩とその砕屑岩(さいせつがん)からなる鐘状(しょうじょう)火山群で、水瓶(みずがめ)をいくつか並べた形をしている。主峰の親(おや)三瓶(男(お)三瓶)(1126メートル)のほか、子三瓶(961メートル)、孫(まご)三瓶(907メートル)、女(め)三瓶(957メートル)、大平(おおひら)山(854メートル)などが環状に並ぶ。環内は室の内(むろのうち)とよばれる低地(684メートル)で、少量のガスを噴出し、室の内池がある。火山活動は約3万年前に始まったとされるが、現在の山容は約4000年前に形成されたという。山麓(さんろく)は傾斜が緩やかで、第二次世界大戦中は陸軍の演習地に利用されたが、現在は道路なども整備され観光開発が著しい。西麓の西の原に浮布池(うきぬののいけ)があり、ボートが浮かび、周辺丘陵はキャンプ場に指定され、草地では貸し馬もみられる。東麓の東の原には大平山への登頂リフトがある。北麓の北の原には姫逃池(ひめのがいけ)や国立青少年交流の家がある。南麓には三瓶温泉街が立地する。男三瓶からの雲海はすばらしく、男三瓶北東斜面の三瓶山自然林はブナ、コナラ、ミズナラなどが多く、国の天然記念物に指定されている。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三瓶山の関連キーワード赤城山アトサヌプリ恵山月山高千穂峰高原山十勝岳トムラウシ山二子山溶岩ドーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三瓶山の関連情報